入眠障害にぴったり

The woman is grieving

十分な睡眠を取れず、朝目覚めてすぐから疲労感を感じたり、日中に極度の眠気を感じたり、
睡眠障害で悩んでいる人は沢山います。
睡眠障害に良く効くと有名なのが「アモバン」という睡眠薬です。

睡眠障害には大きく分けて「入眠障害」と「中途覚醒」の2種類があります。
入眠障害は、いわゆる「寝つきが悪い」状態ですね。
ストレスが原因だったり、病気が原因だったり、入眠障害には色々な原因が考えられますが、
寝つきが悪い状態が続くと、精神的に摩耗してしまうため、うつ病などを引き起こしてしまう危険性もあります。
中途覚醒は、比較的スムーズに眠りにはつけるものの、夜中に目覚めてしまうという症状を指します。
こま切れでしか睡眠をとれないので、どれだけ睡眠時間を確保しても疲れが取れず、日常生活に支障をきたします。
どちらも早めに治療しないと、身体的にも精神的にも負荷がかかってしまう辛い症状なのです。
精神的に負担がかかってしまうとうつ病を始めとする様々な精神病を発症する場合もあるので早期治療がカギとなっています。

入眠障害にはアモバンが高い効果を発揮します
睡眠薬には持続性は低いものの即効性に優れている短時間型と、ゆるやかに効果が出始め、長い時間効果を発揮する長時間型があります。
アモバンは短時間型の睡眠薬になるので、即効性に優れ、入眠障害の治療にはぴったりだと言われています。

アモバンには、ゾピクロンというジェネリック医薬品も登場しているので、
よりコストを抑えて睡眠薬を利用したいと考えている人にはおすすめです。
ジェネリック医薬品というと、アモバンの劣化版のように思う人もいるかもしれませんが、
ゾピクロンは配合されている成分も、効果も、アモバンと同じです。
薬には特許があり、その特許は15年~20年ほどで切れてしまうので、
ゾピクロンは特許の切れたアモバンと同じ成分と効果を持ちながら、アモバンよりリーズナブルに購入できるジェネリック医薬品として販売されました。

睡眠障害の原因や対策について確認する


 Young hip guy with a problem